トップ

インプラントのお金

インプラント費用のお得話

インプラントは医療費控除が適用

インプラントは保険外治療のため、治療費が高額になる傾向にあります。そのため、治療にかかる費用は全額自己負担になると考えられますが、1年間に10万円以上の医療費がかかった場合は医療費控除が適用されます。金額を証明するためのインプラントにかかった領収書はきちんと保管し、内科や外科など他の病院にかかった場合もきちんと領収書をもらうようにしましょう。医療費控除を受けるためには、税務署への申告が必要になりますが、場合によっては大きな金額が戻ることもあるので、忘れずに申請するようにしましょう。戻る額は支払う所得税によって異なります。

「医療費控除」について

確定申告の時期になると注目されるのが、医療費控除です。1年間にかかった医療費の一部を税金から控除することです。控除の対象となるものと、ならないものがあるので、申告の際に注意が必要です。歯科クリニックでインプラントをした場合は対象となるのでしょうか。こちらの治療は、保険適用外で自由診療となります。医療機関によっても金額は異なり、高額治療です。結論からいうと、インプラントは医療費控除の対象となります。治療を受けた際には、領収書は必ず保管しておき、確定申告の時期には、他の診療費と含めて申告対象の金額が超えていれば、一緒に申請するとよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント費用のお得話. All rights reserved.